グラニテブラスト

数字は嘘をつかないが嘘つきは数字を使う

Dual systemガチカイリュー[最終45位]

 

30日になっても魂込めれる構築を作れず己の弱さに萎えたので、明日勝てる構築にしようと開き直って30日に潜りまくって無理やり形にした。そろそろ迷わず1桁目指しにいけるぐらい強い構築を組めるようになりたい

 

 

f:id:hanabiclumsy:20231101142209j:image

サムネ、レンタルは要望あったら出すかも

f:id:hanabiclumsy:20231101142200j:image

 

f:id:hanabiclumsy:20231101142224j:image

 

 

 

 

構築の経緯

アカツキガチグマの登場により元々強いわけでは無い毒タイプが更に数を減らしていたため、どくびしの刺さりがいいのではないかと考えた。

始動役の候補はオオニューラ、フロル、ドクガだったがオオニューラは初手の霊テラス水ラオスやフェイタルクローで何か引けないとカミに割と好き放題されること、フロルはそもそもどくびし展開が不安定な事が気になった。

消去法ではあるがレギュBに比べれば数を大幅に減らし警戒が薄れていたのも悪くなかったため、テツノドクガを採用した。

相方として塩やチオンを試していたがカイリューで舞羽するのが1番強かったためカイリューを相棒にした。

次にどくびしを投げれない構築に対しての選出を考えた。(特に毒タイプ+塩、チオン等のカイリューが勝てない物理受け系)どくびしが刺さらない=毒、鋼、飛行が複数いるということなのでアカツキガチグマで破壊できると考えた。

個人的にこの手の遅くて硬くて1体倒して終わる系ポケモンを使うのが苦手なのでトリルで暴れさせようと思い始動役を探した。

トリルは相手から見えないほうが強いと思っていたのでカミやクレッフィ、ブジン等を試したが耐久が足りずトリル展開が安定しない、自主退場技に乏しいとそれぞれに採用されないだけの理由があった。安定感>見えにくさ に気づいたので耐久とそこそこのSからのアンコールによる行動保証、自力でステロを撒け自主退場もできるサケブシッポを採用した。

ここまでで初手orラストに襷を持った対面性能が高いポケモンが欲しかったので水ラオス、受けループに負けたくなかったのでサフゴを採用し完成とした。

 

コンセプト

相手から見えない勝ち筋を押し付ける

 

受けループに負けない

 

個体紹介 

※採用順では無く構築の並び順

 

ガチグマ(アカツキ)

f:id:hanabiclumsy:20231101142300j:image

特性:しんがん
性格:れいせい
持ち物:シルクのスカーフ
テラス:ノーマル
実数値:219(244)-75-142(12)-205(252+)-85-51
技:ブラッドムーン / だいちのちから / ハイパーボイス / しんくうは

 

h-珠の名残で10n-1

c-ガチ特化

s-最遅

 

破壊神。シッポでステロ+トリル3ターン残せれば択すら作らずに全てを破壊する事が可能。トリルに付き纏う問題であるみがわりや無効タイプ受け交換繰り返しの択等のターン枯らしに対し解答を持てるのが非常に偉いポケモン。しかし毎度毎度そう上手くいくはずも無く、目の前のポケモンを倒せる大地やハイボを押すのか引きに合わせて血月を押すのかの判断を迫られることも多々あり、意外と難しいポケモンだった。

珠ではなくシルクの理由は何より耐久を削るのを嫌ったため。トリル下での技選択に負けて相手に1度殴るターンを与えてしまっても1発耐える可能性を作り出すことができる。

勿論シルクでギリギリ足りず珠なら落とせたかも…みたいなシーンもあったし、(例を挙げるとステロ+テラスハイボがh4d12カミ、h244d4カイリューに対してシルクだと62.5%の乱数1発だが珠ならどちらも確定でおとせる)珠の強みは大地やしんくうはの火力も上がることなので、結局は好みである。

 

 

カイリュー

f:id:hanabiclumsy:20231101142333j:image

特性:マルチスケイル
性格:いじっぱり
持ち物:タラプのみ
テラス:ノーマル
実数値:197(244)-204(252+)-116(4)-108-121(4)-101(4)
技:しんそく / じしん / りゅうのまい / はねやすめ

 

h-羽の効率、ノマテラ血月後のマルスケ復活率考えて奇数最大

a-ガチ特化

 

当初は残飯だったが後述のサフゴに取られてしまったため対特殊への詰めを意識しタラプを持たせた。アカツキ、ツツミ、サフゴ等かなり役立ったが持たせた時に1番意識したカミへは挑発甘えるいたわけ電磁波全てダルくそんな刺さらなかったのが悲しい。

 

 

サーフゴー

f:id:hanabiclumsy:20231101142340j:image

特性:おうごんのからだ
性格:れいせい
持ち物:たべのこし
テラス:かくとう
実数値:163(4)-112(252)-115-203(252+)-111-93
技:10まんボルト / きあいパンチ / みがわり / わるだくみ

 

a-ぶっぱ

c-特化

 

前期と同じく受けループを滅ぼすために採用。ごく稀にチオンドヒドイーユイみたいなやつにも投げた。グライには勝てないのだが、ヤツはTOD性能は非常に高いが後投げから受けれるポケモンが少なすぎて所謂純正には入らないだろうと考えていた(実際終盤には全然いなかった)。

bぶっぱラッキーにきあパンが45.5%〜入り、産みの後から攻撃できてppが32あるため絶対に回復が追いつかず、テラスはショックアシパ等意識で悪がほとんどで格闘への耐性は変えれず、引いたら削れてるのでTODで勝てる。みがはって即きあパンを打つのでは無く、1.2回巧んで無理やり物理受けに引かれた時にも勝てるようにしなきゃダメ。巧むのは多くて2回、大抵1回でOK。それ以上は瞑想ハピの放射やシャドボで身代わりを割られてきあパンを打つ機会を失ってしまう。

ウェポンは徐々に数を増やしていた水テラスハピラキに抜群つけるのと+2シャドボなら耐えて流せると無理やり突っ張ってくるレッカドヒドを分からせる10万。

残飯が余っていたので体力管理も考えて残飯を持たせたが、帯とかでもいいと思う。

こいつを入れている時に当たった受けループには1度も負けなかった。しかし、最終日に何故か1度も受けループを引かずただの案山子とかしていた。

 

テツノドクガ

f:id:hanabiclumsy:20231101142350j:image

特性:クォークチャージ
性格:ようき
持ち物:ブーストエナジー
テラス:ゴースト
実数値:187(252)-90-110(236)-144-130-146(20+)
技:ヘドロウェーブ / ほのおのまい / どくびし / どくどく

 

可能な限りbに振りつつ最速カイリュー抜きでエナジーでs↑

 

毒ばら撒き×相手のどくびし回収要因。襷パオとかにもかなり強い。どくどくが非常に偉く浮いてるから大丈夫と思ってる飛行タイプに何度も毒いれた。最終日は鋼テラススケショカイリューの波動を感じ取って炎舞押して何回か世界崩壊させていた。

しかし火力が無さすぎるので雰囲気カミに強そうな顔して電磁波も瞑想も鬼キツイのが難しかった。

 

 

サケブシッポ

f:id:hanabiclumsy:20231101142401j:image

特性:こだいかっせい
性格:おだやか
持ち物:メンタルハーブ
テラス:みず
実数値:221(244)-63-150(244)-85-151(20+)-131
技:ミストバースト / ステルスロック / アンコール / トリックルーム

 

hb-特化水テラスハチマキ水流確定耐え

hd-特化カミのメガネシャドボ確定耐え

 

完璧で究極のアカツキの相棒。俺の中ではシッポを見たらなげつけるや電磁波の次にトリルを警戒するぐらいにはメジャーという認識だったが、想像の5倍トリルケアされなかったし想像の10倍アンコケアはされたので最終的にはアンコチラつかせてステロ撒く動きが非常に刺さった。メンハで挑発やアンコも1度ならケアでき、かなり動かしやすく個人的に評価が上がったポケモン

 

ウーラオス(れんげき)

f:id:hanabiclumsy:20231101142409j:image

特性:ふかしのこぶし
性格:いじっぱり
持ち物:きあいのタスキ
テラス:フェアリー
実数値:175-200(252+)-121(4)-74-80-149(252)
技:すいりゅうれんだ / インファイト / アイススピナー / アクアジェット

 

a-特化

s-襷水ミラーを考えて148にして下からインファアクジェ打てるようにしていたがめちゃくちゃドンチ飛んでくるし悪ラオスにボコられたので普通に準速、初手のミラーはこちらのアカツキを考えるとタスキかこだわりとんぼで行動保証を確保してくると考えていたが普通にグローブを出されまくって頭を抱えていた

 

普通の襷水ラオス、特に語ることも無く無難に強くゴツメに弱かった。テラスは初手のスケショカイリューに舞→スケショ5発当てられて突破されるのがムカついたのでフェアリーにしたが、最終日その展開あったのが1度だけで、ゴーストで神速透かして勝ってたのが4回ぐらいあったので普通にゴーストでいい。

 

 

選出

 

ラオス+ドクガカイリューorシッポアカツキ

9割これ

 

アカツキ+カイリュー+ラオスorドクガ

見せポケでは無く投げてくるタイプの塩のオーラを察知した時

普通にキツい

 

サフゴ+カイリュー+アカツキ

対受けループ

 

 

重いポケモン

 

アマガ、ハッサム

 

 

最後に

ここまで読んでくれてありがとうございました〜さすがにそろそろもっと上目指したいね…

 

 

SpecialThanks.

環境考察や通話応援めっちゃしてくれたほいみん鯖のみんな

 

ゴツメエースバーン[単体考察]

 

 

ディンカイサフゴパオカミラオスの対策考えながらなんとなくポケ徹眺めてたら思いついて結構強かった。自分ではもう使わないから供養。

 

f:id:hanabiclumsy:20230821135652j:image

サムネ

 

 

 

 

f:id:hanabiclumsy:20230821135835j:image

 

h-16n-1

hb-a200半減パングロ水流+ドレインパンチ+半減アクジェの最大ダメージが183(全部高めの乱数引かなきゃ耐える)

hd-c205メガネ神のシャドボ確定耐え

a-ゴツメ+アイへで155-101パオ確定

s-最速ラオス抜き

 

 

アイへ草分け鬼火@1

ギガインパクトを覗いた最大打点の膝、リベロを使わず殴れる火炎ボール、対面性能を盛れる不意、裏にサイクルできるやつを置くならとんぼ等、構築に合わせてカスタマイズ可。

テラスはそんなに切りたい場面は無かったが無難に火力を上げるためにウェポンの一致か神速を透かすゴースト辺りか。

 

 

基本的にディンカイサフゴパオカミラオスに対して初手に投げていく。膝がないとディンルーが、えんボがないとサフゴがキツいからその辺は裏との兼ね合いで相談。カイリューは鬼火、パオカミはアイへ、ラオスは草分けで水流を半減で受けてテンポをとる。1体で壊滅させるエースではなく、初手とのタイマンを制すor裏の起点、圏内に入れるポケモンである。

 

 

使わなくなった理由

・数値が足りない

最低限の火力と耐久を両立することすら怪しく火力を優先すると耐久が、耐久を優先すると火力が足りず乱数に甘えることになってしまう。

 

・テラス切られると勝てない

パオやラオス側が気分で電気や毒になってくると普通に対面負ける。(テラスは切らせてるので裏で詰めれるとも考えられるが…)

 

・命中不安が嫌

チオンのやどりぎの様に1回外してももう1回打てるような耐久もなく、パオの落としですらスピナーのほうが好きな筆者はこれを最終日に使える心臓がないと判断した。

 

リベロの弱体化痛すぎ

 

 

 

 

 

 

 

剣盾であれだけ暴れてサンダーが来るまでは最強と言って差し支えなかったこのポケモンが今では話題にすら上がらないのが悲しくてちょっと考えて見ました。よかったら使ってみてね。

 

粉骨砕身チオンカイリュー[最終59位]

よりによって最終日のタイムリミット2時間後に期末テストとかいうクソゴミスケジュールにより不完全燃焼な結果ではありますが、最低限2100に乗せれた事と面白いポケモンを考えれた事、新レギュレーション1発目という事もあり記事を書きました。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

f:id:hanabiclumsy:20230801140822j:image

 

構築の経緯

新レギュレーション1発目はギミック的な要素を構築に入れたほうが勝ちやすいと考え、構築の始点を探していた(7/2)ところ、とある配信者の枠でスカーフウーラオスの水流連打で初手のオオニューラをワンパンする光景を見た。この時自分の中では2つしかなかったオオニューラの処理ルート(1.サフゴやアマガ等の毒無効格闘等倍以下ポケモン、2.隠密)に3つ目を見つけた。

この3つの処理ルートに解答を持ったオオニューラを考察し、なげつける泥棒にたどり着いた。このオオニューラと相性がいいポケモンとして、キョジオーンとカイリューを採用し軸としてランクマや対戦オフ(時渡り)にて取り巻きをころころ試しながら潜っていたが、環境が進むにつれて剣舞ラオスの増加や舞羽カイリューの流行がキョジオーンに向かい風であった。

そこでこれらに強くオオニューラと相性がいいポケモンとしてチオンジェンとクレセリアを、これらが呼ぶサフゴに強いポケモンとして悪ラオスを採用し、ノマ神はメタの対象になると予想しカイリューを妖テラバとした。

最後の1枠は受け構築へのメタとしてガラルヤドキングを採用していたが、直近7.80戦はマッチングしていなかったので全切りし、選出の幅を広げるスイーパーとしてハバタクカミを採用し完成とした。

コンセプト

・どくびし+チオンorカイリューによる詰め

・崩しを誘い対面選出で狩る

・相手から見えない勝ち筋を押し付ける

個体紹介

※非公式の略称等用います

 

ハバタクカミ

特性:こだいかっせい
性格:おくびょう
持ち物:ブーストエナジー
テラス:ノーマル
実数値:131(4)-54-103(220)-175(156)-157(12)-187(116+)
技:ムーンフォース / シャドーボール / いたみわけ / あまえる

HB-特化カイリューの+1地震最高乱数切り耐え

HD-臆病カミのシャドボ確定耐え

S-エナジー時最速レジエレキ抜き、遅いエナジーカミを抜いてる程度

C-余り

 

今期1番強かったカミ。今期大増殖した(残飯)竜舞カイリューに圧倒的に強く、あまえると痛み分け、ムンフォの選択を間違えなければ急所以外で負けないのは非常に頼もしかった。カイリューにテラスを切ってくれたおかげで裏のサフゴにシャドボが通ってそのまま勝ち、みたいな事がよくあり、数多のパオラオスカイリューサフゴ等をボコボコにした。しかし考え無しにあまえるや痛み分けをポチポチしていると、ツツミに引かれてアンコで縛られたりサフゴを無償降臨させてしまうため、気をつかっていた。

ただでさえ強いこのポケモンに命中安定の上振れ要素があるのは使ってる側だから頼もしかったがやはり中々にしょーもないと思う。

S7のエナジーカミに最速が無視できない数がいたため、最速まで振っても同速が起こりうるしょうもなさを考慮し、ミラーはほぼ捨てて耐久と最低限の火力に振った。

これは諸説であり、個人的には選出段階で動かした方をイメージしやすくて手に馴染んだが結局は好みで正解は無いように思う。

 

 

カイリュー

特性:マルチスケイル
性格:いじっぱり
持ち物:あつぞこブーツ
テラス:フェアリー
実数値:189(180)-187(124+)-116(4)-×-121(4)-125(196)
技:テラバースト / じしん / りゅうのまい / はねやすめ

A-11nで最低限火力が足りるぐらい

S-+1で準速パオ抜き

耐久-余り

 

カイリュー枠。どくびしや火傷、あまえるとの親和性、チオンを出せない時のエースと求めるものにしっかりと答えたくれた…が、及第点程度であり100点満点をとれる型ではなかったのが勝ちきれなかった要因の1つな気がしている。少なくとも体感では妖テラで勝った試合よりも飛行か鋼で拾えた試合のが多い。

神速がないとある程度Sに割かざるを得ず、結果火力や耐久の数値が足りなくなるのは勉強になった。

やはりSVは最強のカイリューを見つけた人間が勝てるゲームなのかもしれない。

C0英語色カイリュー募集してます。

 

 

 

チオンジェン

特性:わざわいのおふだ
性格:ずぶとい
持ち物:たべのこし
テラス:水
実数値:192(252)-×-154(156+)-115-155-103(100)
技:ギガドレイン / まもる / やどりぎのタネ / みがわり

B-11nでなるたけ高く

S-準速ガチグマ抜き

サフゴ入りにはあまり出さないと決めていたが、こいつを投げないと舞カイリューが重すぎるので投げざるを得ない時も多く難しかった。

技構成は刺さってる構築に対してもチオンのパワーをもっとも引き出せるギガドレみがまも。(イカサマやカタストが欲しい場面が無かったといえば嘘になるが)

TODでの誤魔化し性能も非常に高く何度も助けられたが、最終日ぶっ続けで何時間も連続で潜る中、プレミをしないのがかなり難しく集中力があまり長続きしない性質の自分には向いていなかったかもしれない。

 

クレセリア

特性:ふゆう
性格:ずぶとい
持ち物:おんみつマント
テラス:でんき
実数値:227(252)-×-151(60+)-95-140-130(196)
技:ムーンフォース(10万) / みがわり / めいそう / つきのひかり

S-準速ドラン抜き

ここまでSに振ることで遅いアンコカイリューやドランを逆に見ることができる。有象無象(ヒスイヌメルゴンその他チオンで見れない特殊とか)を起点にする電テラ×みがわり。

技はムンフォと10万をころころしていたが最終的には無効タイプがないムンフォを使っていた。

クレセを選出する時は大抵チオンとセットだが、どちらかにしかテラスを切れない事に気をつけたい(2敗)

 

ウーラオス(いちげき)

特性:ふかしのこぶし
性格:いじっぱり
持ち物:きあいのタスキ
テラス:あく
実数値:175-200(252+)-121(4)-×-80-149(252)
技:あんこくきょうだ / インファイト / ふいうち / つるぎのまい

AS振り切り

破壊神。剣盾の記憶を引っ張り出してこわいかおを採用していた時期もあったが、さすがに剣舞がバカすぎた。これ無理や終わったなーってとこからどくびし+不意の相性、あまえるや火傷、やどりぎを糧に剣舞積んで全てをボコボコにしていた。こいつの背中が頼もしすぎて最終的に1番信頼していた気がする。

テラスは毒霊を試したが、剣舞あんきょをドヒドやバレルにギリギリ耐えられることがストレスでリーチを伸ばす悪にした。でもどれも強みがある。

役割対象のサフゴが3回に1回ぐらい頭にハート乗っけてくるのだけ辛かった。

 

 

オオニューラ

特性:かるわざ
性格:ようき
持ち物:かえんだま
テラス:ひこう
実数値:185(236)-152(12)-88(60)-×-106(44)-176(156+)
技:アクロバット / どろぼう / どくびし / なげつける

HB-陽気パオの落とし+火傷礫確定耐え

       特化ラオスの水流連打確定耐え

       特化チグロラオスの火傷状態水流連打×2の       致死率0.3%

HD-特化メガネカミのムンフォ確定耐え

A-なげつける+火傷ダメ+テラスアクロで175-121ラオス確定

S-準速マスカ抜き

2時間ポケ徹のページとダメ計をにらめっこして生まれた世界で俺しか使ってない(かもしれない)オオニューラ。

目の前の物理ポケモンを燃やしつつびしを撒いて裏のサポートをする。数多のパオラオスを燃やし暇になったら泥棒で持ち物をパクって嫌がらせをする。オオニューラミラーで猫されるとこちらが燃えてしまうがその時はフェイタルに付き合わなくてよくなり、向こうからの有効打も基本無いので焼けてても対面打ち勝てる仕事人。

とはいえ珠落としですら乱数(上から叩かれるのがダルくてマスカ抜きまでS伸ばしたがそもそも当たらないしいても出てこなかったのでガブ抜きまで落としてBに振ると珠落とし確定耐え、火傷131ディンルーの地震×2の致死率3.1%になるからそうした方がいい)で、サイコファングやスカーフ思念ラオスにぶっ飛ばされたり初手マントカイリューに起点にされたりと、最強で無敵のポケモンではなかった。一応ノマジュエ猫インファとかスカーフインファ考えたら初手パオ安易に突っ込んでこれんやろ、と考えてはいたのだが終盤ジュエルなんてどこにも存在していなかったせいか普通に突っ込まれて悲しい気持ちになった。

それでも相手から見えない勝ち筋を作る起点役として求めていた以上の仕事をする素晴らしい活躍だった。

2ウェポンは最後使っていたのはアクロ泥棒だがインファや岩石、とんぼも使っていたしどれも痒いとこに手が届く中々な性能をしていた。

フェイタルクローはそもそもこの型と相性が悪いのもあるが1度たりとも使わなかった。欲しい場面も無かったし、ドクガの炎舞10連続Cが上がらなかった俺では仮に入れたとしても思うような結果を得られなかっただろうことは容易に想像できる。フェイタルクロー抜きでオオニューラ使いの中で1番の順位をとってフェイタルクローはカスだと言ってみたかったが十中八九叶わないのが悔しい。

 

 

選出

オオニューラ+チオン+クレセ

オオニューラ+カミorラオスカイリュー

オオニューラ+カミ+ラオス

ラオスカイリュー+カミ

 

重いポケモン

火傷の上からオオニューラワンパンしてくるハチマキ持ち

たくわえるドオー:無理

結果

tnDriftingSoul最高最終2111

f:id:hanabiclumsy:20230801141056j:image

 

tnサザンカ最高2100最終2026

最後に

元々1桁、最低でも30位↑を目標としていたのに溶かした事と時間が無い事を言い訳に保存に走った弱い自分が情けないがこれも全て糧にしていきたい。ここまで読んでくれてありがとうございました!

踊る鴨セグカミ[最高2110]

 

f:id:hanabiclumsy:20230602120221j:image

 

勝ちきれなかったのでメモ程度

 

 

 

 

 

 

[構築経緯]

 

パオジアン(7色、悪ハチマキ、珠剣舞、氷柱怯み)とイーユイ(メガネ、巧み、挑発、スト)に対して納得がいくサイクルを組めなかったので、S5で結果を残したZeonさんのセグカミラッシャをベースにした対面構築を組むことにした。

まずあの構築のコンセプトの1つである襷キバがバレてると弱い系統のポケモンかつ先制技が無くいまいち対面性能に欠けパオジアンに氷柱押す大義名分を与えてしまうのが気に入らなかったため、ここの代わりを探した。紆余曲折の末、高速スピンによるステロ除去、氷柱半減、先制技を所持、技威力と激流による最低限の火力、Sを能動的に上げられる点を評価しウェーニバルを採用した。

ここまでで鴨セグカミラッシャを決め@2には塩チオンに強い、受けを崩せる、見た目でカミの一貫(ムンフォ)を切るを最低条件に、どくびしを回収できる点や見た目での選出圧力を考え最終的にチオンドクガを採用した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個体解説

 

 

 

セグレイブ@チョッキ、電

意地h132a252s124

16n-1、特化、準速ガッサ抜き

きょけん礫地震までは確定とし、氷柱針を信用していないためツツミマリラッシャ意識のテラバ。

 

 

 

ハバタクカミ@メガネ、妖

控えめh4b68c220d4s212

hb特化珠ミミ影最高乱数切り耐え、ジェムがh4イーユイに対して最低乱数切り確定1発、最速110族(ドクガ)+3、A0

ムンフォシャドボショックジェム

ムンフォとシャドボ以外はほぼ打たないため構築に足りないあくび耐性を持たせるためねごとを入れた3ウェポンで使っていた時期や、面倒な並びへの対策とラッシャとのシナジーも考え滅びを入れていたあったが最終的にはこうなった。ムンフォの火力と最終日の自覚がすごかった。

 

 

 

ヘイラッシャ@残飯、草

腕白h252a4b132d116s4

bパクリd余り

ウェブタじわれあくび守る

最終日じわれ7分の7外した馬鹿中の馬鹿。それ以外は強かった。カミ重いからウェブタはヘビボンでもいいかも。ガッサとミトム意識で草。

 

 

 

ウェーニバル@襷、草

陽気h4as252

アクステ×2、激流アクステ+激流アクジェでそれぞれパオ確定

アクステインファ高速スピンアクジェ

神。とりあえず1回殴ってくるカミを激流アクステで飛ばしたり草とハチマキ氷柱で怯ませてる以外のパオに負けない襷枠。たまに来ると重いキラフロルなんかもカモ。対面ミラーにおいてとても活躍した。

反面、キバほどの火力やがむしゃらによる強引な削り性能はないため、最終的にディンルーカイリューサフゴに対しては後述するチオンジェンを投げていた。テラスはガッサに一生ボコされたので草。マスカにも切った。

 

 

 

チオンジェン@黒い眼鏡、炎

臆病h116c140s252

16n-1(身代わり考えると失敗だったかも)、抜群あくは+等倍あくはでh252d4サフゴ確定で倒せるライン、最速

あくはやどりぎ身代わり挑発

受けや塩メタで採用したが初手のディンルーを挑発で展開阻止しつつあくはでサフゴをシバける事に気づいてからは選出率が上がった。テラスはラッシャ見て投げてくるパオはだいたい電気だったため弱点をつかれない炎。

 

 

 

テツノドクガ@エナジー、霊

S5のうわっきーさんの調整そのまま

炎舞アシボサイキネ日差し

チオンorラッシャ投げる時にどくびし回収兼カミの一貫切りとして。毒入りの構築に投げるのでどくびしの必要性が薄いので体力管理のための日差しと打点としてサイキネ。あんま投げなかった。

 

 

 

f:id:hanabiclumsy:20230602125504j:image

最高これ

21で保存して最終30位付近とることに何の価値も感じないため潜った事には後悔していない、自分の弱さは情けないが。

 

 

 

とりあえず直近のパルデアフェスタ頑張りたい

 

 

[最終56位(2180)]ふわふわサフゴスタン [SVシングル]

 

 

初めましての方は初めまして、HANABIです。

S1は最終2桁チャレできあいだま外してその後溶かして最終200位ぐらい、S2は8時50分で105位から魂のチャレを某有名強者の1桁チャレを通して負け、と悔しい結果に終わってしまっていたので、順位的にはそこまで高くないですが保存に逃げました。目標の最終2桁という最低限の実績を残せて嬉しいです。

 

 

 

 

f:id:hanabiclumsy:20230301090524j:image

サムネ用

 

 

 

f:id:hanabiclumsy:20230301091001j:image

レンタル公開しています

(現在非公開)

 

 

[構築経緯]

環境の中心にいたセグレイブとハバタクカミに対して対面で勝てるステロ巻きとしてバンバドロを始点とした。

 

バンバドロはセグカミと同居しているヘイラッシャに対して不利をとってしまい欠伸や地割れの試行回数を稼がせてしまう要因になってしまうため、サーフゴーに風船を持たせる事で好き勝手させない事にした。

 

バンバドロが呼ぶ草水に弱くなく初手から荒らすor終盤のスイーパーとしてセグレイブを、セグと似た役割ながら崩しも行えるドドゲザンを採用した。

 

ここまでで重い塩に対して、相手から見えづらい崩しのコマになり、ドドゲザンと合わせて受けにも強くセグとの見た目に優れるハバタクカミを採用した。

 

最後にここまでで重いイルカマンに強く、アラブルタケ、ミミッキュに見た目弱くないモロバレルを採用し完成とした。

 

 

 

 

[コンセプト]

・ヘイラッシャに地割れを2回以上打たせない

・サイクル、対面、積み全ての動きを行えるようにする

 

 

 

[個体紹介]

 

 

バンバドロ

 

f:id:hanabiclumsy:20230301094140j:image

 

努力値:腕白h252a4b84d164s4

特性:持久力

持ち物:オボン

テラス:鋼

技:地震ヘビボンステロほえる

 

調整意図

A-ヘビボンでh4b212ハバカミが最低乱数以外1発

B-余り

HD-c特化ハバカミのメガネフェアリーテラスムンフォ確定耐え

無補正c252ツツミのドロポン確定耐え

S-同速、無振りヘイラッシャ意識

 

解説:カバとの違いは見た目のセグへの圧と安定感。持久力に物理耐久を任せDに厚くすることでカミに対して行動保証を持てるのが本当に偉い。副産物としてサフゴやジバコ等に行動回数が増え、ドクガのメガネオバヒも炎テラスしてこなければ耐えることができる不沈艦。こいつは起点作りでは無くステロが巻ける対面駒。似たような役割として襷コノヨがいるがこちらは襷を別のポケモンに持たせられるのが強み。

技構成は一致打点の地震にコンセプトのヘビボンステロ、あると便利なほえるを採用した。最終日、泣きわめきながらビルドコノヨに何回もボコボコにされたのでラッシャが合法面して連打してくる地割れでもよかったかもしれない。ボディプレはBに厚くしなければ1UP程度ではカスみたいな火力しか出ない為、欲しいと思うことはとくになかった。

 

 

サーフゴー

 

f:id:hanabiclumsy:20230301095825j:image

 

努力値:控えめh228c124s156

特性:黄金の体

持ち物:風船

テラス:飛行

技:ゴルラシャドボ巧み再生

 

調整意図

H-16n-1、テラス後の定数ダメ意識

A-A0

C-余り

S-準速ガッサ+2

 

解説:今期のガチMVP、英雄。この世のラッシャとガッサとカバを滅ぼし終盤増加傾向にあった神速地震舞羽のカイリューやイダイナキバをも完封する神。幾度となく相手を降参に追い込んだ。風船がマジで立ち回りの幅を無限に広げてくれるぶん割られないように、割られた後の立ち回りが難しいが使うのがとても楽しかった。もっと評価されていい持ち物だと思う。

 

 

セグレイブ

 

f:id:hanabiclumsy:20230301100715j:image

 

努力値:意地h4as252

特性:熱交換

持ち物:タスキ

テラス:電気

技:巨剣氷柱針テラバ礫

 

調整意図:ぶっぱ

 

解説:チョッキはミラーのSの伸ばし合いがくだらないのは目に見えていたのでタスキで行動保証を持たせた。かなり最終日の自覚はよく氷柱を結構当ててくれたような記憶がある。特に語ることはなく無難に強かった。テラスは初手によく来るマリルリをシバける&ラッシャ、水テラ塩への打点。地震はたまに欲しかったが切る技がなかった。

 

 

ドドゲザン

 

f:id:hanabiclumsy:20230301101534j:image

 

努力値:意地as252b4

特性:総大将

持ち物:くろいメガネ

テラス:悪

技:ドゲザンけたぐり不意打ち剣舞

 

調整意図:ぶっぱ

 

解説:終盤のお掃除役。後述のハバカミと合わせて受けも崩す。選出段階でこいつの一貫作れるの見えた試合は1度も負けなかった。終盤のドドゲザンはギロチン振り回すバケモノしかいなかったおかげか、警戒が薄くイージーとれる事も結構あり、2150チャレもこいつでボコボコにした。終盤増えたカイリューで通りは悪くなったがサフゴのカモが誘えたので相性が良かった。けたぐりは最終日に怒涛のドゲザ鯖にぶち込まれた際にブチギレながらアイへから変えたが、変えてからは1度しか打たなかった。

 

 

ハバタクカミ

 

f:id:hanabiclumsy:20230301102108j:image

 

努力値:臆病h116b172c52d4s164

特性:古代活性

持ち物:ブーストエナジー

テラス:鋼

技:ドレキショック身代わり瞑想

 

調整意図

H-16n+1←残飯の名残り

HB-a4振り塩漬けを身代わりが確定耐え(テラス切れば2回耐える)

A-個体値1

C-余り、h振りドオーをヘドロ込みでもショックで押せる程度

S-最速マスカーニャ抜き

 

解説:行動保証ないと選出しにくくて仕方なく、タスキやスカーフだと火力がカスすぎると使いにくかったので選出する構築を絞ったところとても手に馴染んだ。ハマればとことん強いが終盤の塩がロクブラor地震が標準搭載だったため、若干動かしにくさを感じた。ブーストエナジーは塩や受けの攻め駒によく見られたツツミに強くするため。受け構築には瞑想ショックでハピラキドオーに悪テラを切らせる事でドドゲザンがクレベースアマガで受からない状況を作ることができる。

 

 

モロバレル

 

f:id:hanabiclumsy:20230301103217j:image

 

努力値:呑気h236b252d20

特性:再生力

持ち物:黒いヘドロ

テラス:毒

技:クリスモイカサマ地団駄胞子

調整意図:忘れた、3nで再生力の効率がいいとかそんな感じだった記憶

 

解説:諸説of諸説。イカサマ胞子は確定としてサフゴへの打点欲しくてあれば便利なクリスモ、だったが後者2つは1度も打たなかったし毒かギガドレで良かった気はする。普通に炎テラスアラブルタケに負けた時は焼いて食いかけたがイルカマンには入れてから2回しか当たらず2回とも勝てたのでギリ許した。

 

 

 

 

 

 

 

 

[基本選出]

 

・バドロ+サフゴ+セグorドゲザ

1番柔軟に立ち回れる選出。

 

・ハバカミ@2。

対塩。バドロセグサフゴが多かった。

 

・カミドゲザサフゴorセグ

対受け。2.3回しか引かなかったし最初の2体で勝てなかった事がないから有利なのかはわからない。

 

・バレル@2

対イルカ。セグサフゴが多かった

 

[最終順位]

 

f:id:hanabiclumsy:20230301105450j:image

 

最終56位

レート:2180

 

f:id:hanabiclumsy:20230301164156j:image

 

TN:DriftingSoul

(ゼノブレのBGMめちゃくちゃ良いので聞いてみて欲しい!)

 

サブロム

 

f:id:hanabiclumsy:20230301105629j:image

 

最終139位

レート:2137

 

f:id:hanabiclumsy:20230301164221j:image

 

TN:#1espada

 

 

[総括]

S1.2と勝ちきれなかった悔しさを糧に結構納得のいく構築自体は組むことが出来、1月にやめたバイトを始める予定だったのに春休みの1ヶ月まるまるニートでサボってなんとか目標を達成できて素直に嬉しいですが、さすがにダラケすぎたので3月はリアル頑張ります。次潜る時は、8世代では最終3位が最高だったので1位や2位を目指して頑張っていきたいです。ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

 

[SpecialThanks]

 

最終日通話でずっと応援してくれたタニシ、ほいみん

ありがとう!

【S28最高最終2105最終3位】運否天賦ダイナホウオウ

今期は初めて2100を達成したということで記念に書きました。
最後まで読んで頂けると嬉しいです!






サムネ用
レンタル公開してません






[構築経緯]

自分がサイクルが得意なのと前期1位のまいごねこさんがゼルネクロを使っていたと知りゼルネアスが好きなので当初はゼルネクロを使っていた。が、禁伝にメタをはると一般枠が重くなる上にそもそも物理と挑発を考慮すると受けるのが不可能なイベルとかいう馬鹿が存在するせいで勝てる気がしなかった。
そこで前期の先人たちに習いスペックとパワーを押し付ける構築を目指した。

相手してて嫌だったダイマする禁伝がイベル、ホウオウ、ディアルガでこのうちイベルはダイマがないときのスペックと型に答えが無さそうなのが気になり、ディアルガは色個体を持っていないのでモチベが湧かないので消去法と最終日は減る傾向が高いからケアされ無そうと思いホウオウに。

→相方にはホウオウが不利をとるランドゲロゲサンダーやステロ巻きに強く出れてダイマを必要としないダイナ

→襷枠としてマンムーダルマやドリュウズがキモイのと見せ合いの段階で比較的考慮されていないと感じた水ラオス


この三体を対面選出の軸とした。


ダイナを拘らせる関係上、クッションがいるのでメインウェポンを両方無効化してくるザシアンに対する引き先としてヌオー

→オーガに強くハピラキよりは黒バドに安定する駒としてナットレイ

→ザシアンへの圧力はかけて損はない&黒バドが嫌いなので50%で拾えて積みに対する切り返しになるメタモン

で構築が完成した





【個体解説】

以下常体(だいたいの記事にあるから真似て書いたけど意味わかってません)



ムゲンダイナ@メガネ
控えめcs252d4

c…ダイマ砲がd4サンダーに100.0〜
d4ゲロゲに105.5〜
流星が215-110までのカバに100.4〜
207-113ラグ(S27のうわっきーさんの)に101.9〜

ダイマ砲ヘド爆放射流星

コスパに見えたのかヘドロリフレクに見えたのか知らないが全然考慮されてなかった気がする。初手に投げてダイマ砲打ってるだけで相手壊滅状態なんてことも多々あった。
気づいたらホウオウより信頼してた神。数多のサンダーランドダイマ砲で、カバラグを流星で葬った最強ポケモン
臆病だと色々乱数が絡むが特化にすることでこれらを確1にする事ができる。ザシアンに引くな突っ込んで来い!!って叫びながらポチポチしてたが、思った通りホウオウヌオーメタモンの圧でザシアンの非選出率が高くなかったのも幸いした。
早く色解禁して欲しい。いやほんとマジで。
あと、最終日の自覚が化け物で、流星外さないし氷柱避けるし21チャレで麻痺状態から5連続で動いた。めちゃくちゃ愛着湧いた。




ホウオウ@珠
意地h220a252bd4s28
h…10n-1
s…+1で最速ウツロイド抜き(エスバ抜いてないのアホだけど1回も困らなかった)
聖炎ブレバ地震ギガドレ

最終日はホウオウが減るらしいので刺さる…と思っていたほどではなくランドがいっぱいいたのであまり出さなかった。が、禁伝含めだいたいのポケモンと打ち合える絶妙な火力と耐久しててめちゃくちゃ使いやすかった。
出したら99%ダイマ切ってたので聖炎で焼いたのは3時半ぐらいに6位のGETTERのルギアを焼いたぐらいしか記憶にない。(ホウオウとルギアでダイマ切りあったのめっちゃかっこよかった)
ギガドレは身代わりのが欲しい場面多かったが最終日カウンター透かして勝ったので変えれなくなった。




ウーラオス水@襷、非キョダイ
意地as252b4
インファ水流アクジェ挑発

黒バド日ネク辺りのせいで悪が人気だが個人的には水がめちゃくちゃ強いと思ってる。崩しの手段に乏しいので挑発。カウンターでも多分いいが、ホウオウと同じくこれでトリル止めたりジガルデ止めたりと便利だったので使い続けた。ウォール媒体にもなるのが偉い。
当初は最速で使っていたが絶妙にリーチが足りず落としきれないのが5,6回あったので火力を重視したが特に困ることはなかったので正解だと思う。あと半年ぐらいで9世代なっちゃうけどダイナもラオスもバド達も色解禁されてないのはなんでなんですかね。色ガラルファイヤーの大会参加忘れないようにしましょう!





ヌオー@ゴツメ
わんぱくhb252d4
地震欠伸守る再生

特に語ることがない普通のヌオー。欠伸が偉い。ネクロみんなラムだったから最終的にザシアン以外に投げなくなった。




ナットレイ@チョッキ
生意気h252a28d228
a…叩きでb4黒バド確定1発
hd…雨202潮吹き確定4発
ジャイロ種ガン叩きミサイル針

めっちゃ硬いナットレイ。考えた時は最強だと思ったが有限なので複数回サイクル回らないクソザコナメクジ。オーガにはまあ仕事できるけど黒バド普通にサイクル負けするから最終的にメタモンでなんとかしていた。ダイナ以外サンダー怪しいのどう考えたもアホなので遂行速度遅くて零度オーガが怪しい事以外はハピでいい。





メタモン@スカーフ
h252

賢しげに襷でメタモン見る気でいる黒バド使いが多かったので同速の運ゲにはあまりならなかった。ダイナホウオウで初手からアドバンテージをとっていけば切り返しに襷を消費せざるを得ない状況をわりと簡単に作れるため相性がとてもよかった。
居るだけで相手の選出を歪められるの強い。







選出は相手の禁伝と取り巻き見て臨機応変に対応してました。困ったらダイナorホウオウ+メタモン@1でだいたいどうにかしていたというかどうにかなるぐらいパワーが高かった。
終盤のホウオウが身代わり増えてた+ヌオーナットと組んでるからかダイナホウオウの高火力をあまりケアされなかったのと若干?増えてたポリ2が怠くないのが勝ちに繋がったのかも。

22時に2007からスタートで開幕3連敗から始まった時は普通に不貞寝しかけてたが諦めずに潜って本当によかった。








(この後爪切りました)
4:40分ぐらいに21乗せた時
データベースみたら1位40ぐらい離れててちょっと追える気がしなかったので撤退した








最高最終2105
最終3位
上が溶かしたとはいえ3位は3位なので素直に喜びます
嬉しい!




【総括】
ハイパー運だけゲーミングしただけなのでこの結果に驕ることなくこれからも頑張りたいけどしばらくスマブラと大学で忙しいので気が向いたらぐらいにしておきます。
ここまで読んでくれてありがとうございました!

世界一キモいゲンガー

f:id:hanabiclumsy:20210918202306j:plain

サムネは世界一可愛いゲンガー



ダイマ無しの禁伝ありルールの時に書いたやつ









f:id:hanabiclumsy:20210918202841j:plain
・単体でまもみがループを崩壊させられるゲンガー

念の為くろいまなざしの仕様を説明しておく。
マグストや渦潮は当てた後に身代わりを貼ればバインドから抜けれるという仕様だがくろいまなざしはこの技を当てた後に身代わりされてもバインド状態が解除されないのである。ただし先に身代わりを貼られていると失敗するため耐久ダイナの上をとるために最速。

なので今流行りの受けの並びではダイマ砲持ちのダイナかバルジ、地震ヌオー以外こいつの処理が効かず、それらにしても道連れで最低限相打ちに持ち込める上に1発は耐えるので特性でウェポンを呪ってしまえば滅びで処理が可能。
ダイナの1Wはヘド爆が主流なのもありだいたい倒せる。
数的有利を取ったあとは裏で適当にTODをしてもいいしダイナ以外で受けられないハチマキラオスとかノラゴンで崩すか2体目以降も滅びを狙う。









でも多分受けピンポで1枠割くなら対策されているとはいえゴチルのがいいんじゃないかなと両方使って思いました👋